宇宙世紀的WEBLOG!
   管理人SIGの何気ない日常から、模型制作作業の進捗状況まで多彩な内容でお届けする、模型サイトI-field公式BLOG(笑)
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

SIG

Author:SIG
性別:♂
出身地:サイド3
特徴:眉毛なし
趣味:コロニー落とし

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 はじめてのおつかい?
模型ネタでも音楽ネタでもありませんが、子を持つ親としては少し嬉しい出来事がありました。

我が家の娘「さくら」さん、4歳。
先日の夕方4時ころの出来事です、

「ばあちゃんの家に行きたい・・・」
と突然の申し出・・・

私は面倒だったので
「もうすぐ、お母さんが帰ってくるから今日は我慢しなさい」
と・・・

「嫌!行くったら行くの!(゚Д゚)ゴルァ」と娘。

仕方がないので
「んじゃ、一人で歩いて行け」と放置しておきました。
私なりには、そう言えば諦めるだろうという算段だったのですが・・・

すると、一人でジャンバーを着て、帽子をかぶり、玩具をカバンに詰め込んで玄関へ・・・

少しのあいだ、見守っておりましたが、そのまま玄関から外へ出て歩き始めたではないですか!

あわてた私は、娘を追いかけて外へダッシュ!
その時、閃きましたよ、フフ。

「本当に一人で行けるかどうか、このまま後をつけてやろう」
娘の大冒険と私の探偵ごっこの始まりです。
ちなみに、ばあさんの家までの距離は大人の足で歩いて5分ほどの距離でしょうか、途中は交通量の多い道路を横断して行かなければいけません。

ドキドキしながら、時には車の陰に隠れ、時には他人様の家の塀に身を隠しながらの追跡劇でしたが・・・

うちの娘は、歩道から左右を確認し、車が通れば、その車の姿が見えなくなるまで待機(笑)
手を挙げて道路を小走りに横断です。
そのまま、本当に道路の隅っこをテクテク歩いて無事に、おばあちゃんの家に到着いたしました。

まだ、何も出来ないと思っていた子供が実は精神的にも成長し、しらない間に色々な事を覚えていたんだという事実を感じた瞬間でした。

後日、知人から聴いたのですが、私はニヤニヤしながら歩いていたそうです。おそらく私は嬉しかったんでしょう。

子供にとっても、自信が持てた出来事だったのではないでしょうか・・・
スポンサーサイト
名称未設定_1 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/04/19(木) 13:20)

copyright © 2005 宇宙世紀的WEBLOG! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。